久しぶりに観た映画…出てくる女優さんたちが

あら、見たことある、この男優は『アリー my ラブ』のリチャード!と

有名人が出ていた割に、自主製作映画だったらしい。

主役は40代の女性4人だけれど、

専業主婦でシッターとお手伝いさんにかしづかれ優雅な人、

脚本家でそれなりに成功している人、

高級服のデザイナーで成功しているけれどイライラの人、

過去の不倫を引きずって無言電話をかける

元高校教師でいまはメイド…。

終わったとき、「えっ?!それで終わり?!」と

驚きの声を上げるほど、ぶつっという感じに終わった。

最後は4人の中で一番貧しいメイドをしていた彼女の

新しい恋人が実は働く必要のない資産をもっていた、

という…ハッピーエンド?

えっ?結局、お金がすべてってこと?

持つべきものは友達より資産家の彼?と

疑問符ばかりが頭の中でぐるぐる回った。

中学時代の仲良し友達もいまは本当にそれぞれだろうから、

私も映画の中の彼女たちのように集まると、

それなりの経済格差を感じたりするのかもしれない。

ママ友の友だちがかなり高級住宅地にお住まいで、

そこでは寄付に1家庭から100万は当然だとか、

知り合いの知り合いは、どこそこのタワーマンションで家賃が月50万だとか、

私も先日、あそこの家は固定資産税が年60万と聞いたり、

ほぉ~ほぉ~とフクロウのように相槌しか打てなくなった。

映画の中の女性たちには共感も羨望も抱かなかったけれど、

40代がふっと立ち止まって考えてしまう年代なのだろうと

いうことはわかる。

映画で観ると怒ってしまいそうな映画でした。

原題は"Friends with Money" (友達とお金)

原題のほうがよかった気がする。


にほんブログ村