英国で眼科医が、女性患者の目から27枚もの外し忘れのコンタクトレンズを発見した。英国検眼協会が発刊する専門誌『Optometry Today』が報じた。

女性は、白内障手術のために医者を訪れた。医者は検査中に、眼球上の青がかった膜に意識を向けた。

明らかになったところ、女性(67)の目には27枚ものコンタクトレンズが残っていた。女性は露ほども疑っていなかったという。

最初の検査で17枚のコンタクトレンズが摘出。2回目には残りの10枚が取り除かれた。女性は、目のかゆみが歳によるものだと考えていたと語った。

同誌によると、女性は1日使い捨て用のコンタクトレンズを35年間使っていた。

手術を行った眼科医は、今までこのようなケースに遭遇したことはないと認めた。

http://pbs.twimg.com/media/DEyjntmXgAEcJ1Y.jpg
https://jp.sputniknews.com/entertainment/201707163888332/

コメント一覧
エンガチョ
なるほど。目から鱗が落ちた。
夜な夜なレンズを入れる妖怪がいる。
いい医者に当たってよかったな
ミセスズボラ
慣れるまでは1枚でも違和感あるのに
別の病院で診てもらえよ・・・
単なる池沼じゃん
>>3
うまい