いや、岩槻にあるだけでも勿体無いような立派なスタジオでレコーディングをしてきましたさ。
で、ここで録った音源は、某レコード会社へ送信して結果を待つばかりなんですが…。
それにしても、元ミュージシャンというオーナー氏自らレコーディングディレクターを勤められ、的確なアドバイスに従って実にさくさくとレコーディングが進んだことには我ながら驚き。「もうちょっとヴォーカルパートを強く」とか「ピッキングを強めに、はっきりと」などなど、結構課題は残ったものの、むやみやたらに充実した二時間弱の時間であった。
こういうことをほぼ日常的にやっているプロのミュージシャンってやっぱり凄いんだなぁ…。