2014年4月12日~13日、沖縄セルラースタジアム那覇でイースタンリーグ•G-DB戦を観戦しました。


横浜DeNAベイスターズ・関根大気選手について目撃した10のこと。

1、マスコットバットでいきなりスタンドイン
2、左投左打
3、バントヒット

4、塁上での指さし確認

5、左中間ツーベース

6、ヘルメットに映る空
7、ツーアウトの指の形

8、勝利のハイタッチ

9、笑顔

10、ノートとペン

f:id:rikugo:20140416071431j:plain

宜野湾キャンプで、初めて生で見て、写真を撮りましたが、まだ実戦を見たことがありませんでした。練習も試合も見られるビジターの球場で、できれば写真を撮るのに環境が良いところ、という理由で沖縄への遠征を決めました。

1軍キャンプスタートし、何とかキャンプを完走しました。3月はじめのナゴヤドームでのオープン戦で、1安打と3三振。以降、ファームで研鑽の日々が続いています。

イースタンリーグの公式戦で、6試合連続で打点を記録するなど、打撃に勝負強さがあるという情報があり、実際に見られるのを、とても楽しみにしていました。

f:id:rikugo:20140416071518j:plain

1 マスコットバット

試合で使うバットよりも、重いバット。細かい仕様は、選手それぞれ異なりますが、試合用が900グラム〜920グラムくらい、マスコットバットは1000グラムくらい。

「全身の力を使って、バットを振る感覚を養うため」(現役のときの嶋村一輝コーチ談)に、重いバットを練習で活用するとのこと。

4/12のフリー打撃で、関根選手は最初にマスコットバットを持って、打席に立ちました。重いバットで打った打球が、いきなりスタンドインして、遠くまで飛ばす力があるのだな、と驚きました。

f:id:rikugo:20140416071527j:plain

2 左投左打

4/12は、9番レフトでフル出場。ゴロの打球の捕球体勢を見て、左投であることを改めて確認しました。イニング間のキャッチボールで、相手をする先輩がぽろぽろと、関根選手からのボールを、そらしていたのは風か? 単にコントロールが悪かったのか? (後者かな)  少し気になりました。

f:id:rikugo:20140416071536j:plain

3 バントヒット

この日の第2打席、1死1塁の場面で、一二塁間に、強めに転がすプッシュバント。俊足を飛ばして、一塁セーフ・内野安打に。相手の守備位置を見て、いい場所にバントしていました。

f:id:rikugo:20140416071548j:plain

4 塁上での指さし確認

2塁ランナーとなった際、後ろを振り返って指さしながら、何か3点ほどを確認する仕草をしていました。アウトカウントや、ランナーの状況、相手の守備位置、などでしょうか。

f:id:rikugo:20140416071602j:plain

5 左中間ツーベース

この日は、センター方向へとらえた当たりが伸びなかったり、正面を突いたりしていました。クリーンヒットは、左中間へのツーベース1本。

f:id:rikugo:20140416071630j:plain

6 ヘルメットに映る空

天気の良い日でした。

f:id:rikugo:20140416071642j:plain

7 ツーアウトの指の形

正面からも見ないとわからないけれど、よく見られる形だと思いました。

f:id:rikugo:20140416071653j:plain

8 勝利のハイタッチ

啓二朗先輩と、ジャンピングハイタッチ。

f:id:rikugo:20140416071704j:plain

9 笑顔

勝利後、パーッと、歯を見せて笑ってます。 

f:id:rikugo:20140416071452j:plain

10 ノートとペン

ベンチのなかでは、メモをとっているんですね。 

f:id:rikugo:20140416071744j:plain

知らないことばかりだったのが、この1日で、いろいろと見られて、良かったです。翌日、4/13は大変なことが起こってしまうのですが、それはまた、別の記事にて。